本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


官公庁ニュース

IT人材を大阪へ-大阪府が若手技術者呼び込み、中小の生産性向上後押し

 大阪府はIT関連の高度若年人材を首都圏などから大阪府内に呼び込み、府内中小企業に誘導する事業を2016年度に始める。府内IT企業への人材確保と中小企業のIT活用による生産性向上のほか、起業にもつなげたい考え。東京一極集中の是正につながる都市間移住の新たな就業モデルの確立を目指す。

 事業名は「ITを活用した生産性向上支援プログラム」で、15年度2月補正予算の高度若年人材還流促進事業の一環。

 5―6月に生産性向上セミナーを複数回開き、IT活用に課題を抱える中小企業をピックアップし、専門家による無料診断を通じてビジネス課題約30社分を抽出する

 7月頃に首都圏のIT関連の知識を有する学生や若年求職者約60人を募集する。若年層とIT企業約24社、課題を抽出した中小企業が交流する場「IoTアイデアソン」を12月までに計4回、東京または大阪で開く。

 1回の開催期間は3日間で、若年層15人、IT企業と中小企業を合わせ15人の合計30人程度で5―6人のグループを作り、3者で中小企業の生産性向上に資するITサービスによる解決策を探っていく。

 その後は、インターンシップ(就業体験)などを通じてIT企業と商品化や課題を抱える中小企業への導入を進めるほか、それらの企業への就職や大阪での起業につなげる。

[2016年3月 3日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ