本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

風力発電コスト8円-風力発電協会が2030年試算、技術革新で大幅減

 日本風力発電協会は29日、風力発電の普及に向けた「ウインドビジョン」をまとめ、2030年までに1キロワット時の電力を作る発電コストが8―9円まで低減できる試算を発表した。技術革新で現状よりも10円近く抑え、系統電力を下回る安価な電力を供給できるという。電力系統に接続できる量も現状よりも多いとの見通しも示した。

 風力発電が抱える課題について業界団体として解決策を示した。高本学代表理事(日立製作所新エネルギーソリューション事業部長)は「国民負担の抑制などの議論が我々に足りなかった。具体的な解決策を社会に示し、導入を増やす議論をしていきたい」と語った。同協会は30年度の導入目標を3620万キロワットとしている。現状比10倍の導入を目指すが、政府が15年7月に決めた30年度のエネルギーミックス(電源構成)では1000万キロワットにとどまり、目標と開きが大きい。

 発電コストの高さが普及への課題として指摘されている。同協会は量産効果や稼働率向上、技術革新で建設費を圧縮して低減できるとまとめた。1キロワット時当たり8―9円に到達すると火力発電や卸電力市場価格を下回る。

[2016年3月 2日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ