本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

化学物質情報伝達で業界標準-キヤノンなど賛同、30社・団体追随

 経済産業省主導で開発した化学物質情報伝達の新スキーム「chemSHERPA」(ケムシェルパ)の本格運用に向け、キヤノン、ソニー、富士フイルムが賛同を表明する。キヤノンは2017年前半にも既存スキームからケムシェルパに移行する予定だ。経産省が3月1日にもホームページ(HP)に賛同企業を掲載、3社以外に約30社・団体が名を連ねる。電機・電子業界に複数あるスキームが集約に向けて動きだす。

 スキームは製品に含まれている化学物質情報を取引先に伝える共通ルール。ケムシェルパを利用する企業同士なら対象物質などが共通なので、円滑に情報を伝達できる。経産省は15年秋、ケムシェルパ用の情報記載シートを開発して、提供を始めた。

 キヤノンは17年前半の移行を目指し、16年前半からシートの受け渡しを試行していく。ソニー、富士フイルムとも既存スキームからの移行時期は未定だが、ケムシェルパを導入する予定だ。他に賛同したアイリスオーヤマ、全国中小企業団体中央会、DICが経産省のHPに掲載される。

 経産省はケムシェルパの普及を促そうと、賛同者を一覧で公表することにした。HPを確認した大企業の取引先もケムシェルパへの移行準備を始められる。賛同者の募集を続け、3月末にも追加公表する。

 電機・電子業界には大企業が構築した二つのスキームが存在する。他にも企業の独自調査もあり、中小企業は取引先によってスキームを使い分けている。経産省はスキームの乱立が中小企業の負担になっていると考え、業界標準となるケムシェルパの開発を進めてきた。18年の完全移行を目指す。

[2016年2月29日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ