本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

TAMA協会、中小の海外販路開拓支援へBツーB向け英語版サイトを開設

 【立川】首都圏産業活性化協会(TAMA協会、東京都八王子市、奥村次徳会長=首都大学東京理事、042・631・1140)は、中小企業の海外展開をマーケティング面から支援するため、BツーB(企業間)向け英語版サイトを4月に本格稼働する。サイト内企業ページへのアクセスの多い国や地域のデータをTAMA協会が分析。情報を掲載企業に提供することで効率的な海外販路の開拓を後押しする。

 開設するサイト「TAMA Technomart(テクノマート)」は、情報やデータを視覚的に表現する手法「インフォグラフィックス」を活用して企業の製品情報などを一目で把握できる設計にした。企業ページの製作はTAMA協会が業務提携するフィリピンのIT企業、HSJが行う。

 またHSJ社内に24時間365日稼働のコールセンターを設置してマッチング支援を行う。サイトを通じてコールセンターに寄せられた情報を同協会に集約。同協会の国内外のコーディネーターと連携して、企業の海外展開を支援する。2016年度は掲載料やコールセンター利用料などを無料にする方針だ。

 現在プレオープン中で、都内企業16社に限定して掲載している。4月以降は先進的なモノづくり企業を選定する「TAMAブランド大賞」認定企業を対象に、神奈川県や埼玉県を含む広域多摩地域から約100社を掲載する計画になっている。

 TAMA協会は、商談会や同協会の海外拠点などを通じた海外展開支援を積極化している。新設サイトで自社に適した海外市場を調査した上で、実際に海外市場に進出するスキームを構築して、企業の効果的な市場開拓を支援する。

[2016年2月26日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ