本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

昨年の海外派遣者数、北米6%増も景気減速の中国は9%減-日外協調査

 日本在外企業協会(東京都中央区、伊藤一郎会長=旭化成会長、03・3567・9271)が24日発表した調査によると、2015年の日本企業の海外派遣者数は北米が13年比6%増加する一方、中国では同9%減少したことがわかった。景気が好調な北米向けが増え、景気が減速基調の中国向けが減少した。日本企業が経済情勢に応じて柔軟に人を派遣している状況がうかがえる。

 調査では北米向けは15年が6400人で13年の6032人から増え、中国は15年が8130人で、13年の8911人から減少した。米国の景気回復で自動車産業が好調なメキシコを含む中南米も15年が1696人と、13年の1422人から19%増加した。

 同調査は15年11月に同協会の会員企業282社のうち、海外に従業員を派遣している企業を対象に行われ、143社から回答を得た。

[2016年2月25日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ