本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

東レと豊田通商、炭素繊維リサイクル技術を共同開発-熱分解法技術を実証へ

 東レと豊田通商は18日、炭素繊維リサイクル技術の開発に共同で取り組むと発表した。両社が開発する「革新省エネルギー熱分解法による高効率リサイクル炭素繊維製造技術」を、将来の事業化を見据え、実証する。豊田通商の100%子会社、豊田ケミカルエンジニアリング(名古屋市中村区)の半田工場内にパイロット設備を建設し、今秋に稼働の計画。投資額は非公表。

 炭素繊維リサイクルのうち熱分解法は、炭素繊維複合材料を加熱してマトリックス樹脂を熱分解し、炭素繊維を回収する。両社の技術はその際、燃料にマトリックス樹脂の可燃性分解ガスを用いて大幅な省エネを目指す。両社は技術実証とともにリサイクル炭素繊維の用途開発も進める。

 両社による今回の技術は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成27年度「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に採択された。

[2016年2月19日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ