本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

昨年の日本輸出、米向け伸び-中国は減速感拭えず

 日本の輸出に占める米国のシェアが高まっている。日本貿易振興機構(ジェトロ)が17日発表した2015年のドル換算での貿易統計によると、輸出に占める米国のシェアは2割に達する一方、中国のシェアは14年に比べて低下した。米国は景気回復が鮮明だが、中国は減速感が拭えない。16年以降も米国向け輸出が伸びることが予想される。

 ジェトロのまとめでは、15年の日本の輸出に占める米国のシェアは前年比1・5ポイント増の20・1%に拡大する一方、中国のシェアは同0・8ポイント減の17・5%だった。これにより米中のシェアの差は14年の0・3ポイントから15年は2・6ポイントに拡大した。

 米国は15年末に政策金利を引き上げるまで景気が回復。日本の輸出に占めるシェアはリーマン・ショック前の07年の水準に戻った。対して中国はリーマン・ショック後に4兆元(当時の為替レートで約57兆円)の景気対策を打ち、日本の輸出に占めるシェアを拡大。09年に米国を抜いて1位となったが、13年に抜き返され、近年は減少傾向にある。今後、環太平洋連携協定(TPP)が発効すれば、米国向け輸出は一段と増えることが予想される。

 ジェトロが同日発表した15年のドル換算での日中貿易統計は、輸出が同12・3%減の1427億ドル(約17兆円)、輸入が同11・3%減の1605億ドル(約19兆円)だった。財務省が発表した円換算の統計は輸出で同0・2%増、輸入で1・3%増だった。ドル換算では貿易額が目減りした。

[2016年2月18日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ