本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

IHI、鹿児島・七ツ島地区に木質バイオマス発電所を建設-出力4万9000kW

 IHIは16日、鹿児島市七ツ島地区に保有する土地の一部を活用し、木質バイオマス(植物由来資源)発電所を建設すると発表した。出力は4万9000キロワット。年間発電電力量は一般家庭の約7万7000世帯分に相当するという。発電した電力の全量を九州電力に20年間売電する。総事業費用約235億円。2016年夏に着工し、完成予定は18年末ごろ。

 IHIは地元企業などと共同で特別目的会社(SPC)を設立し、発電所を運営する。SPCの従業員数は20―30人を想定。燃料は東南アジアからの輸入材を中心に、鹿児島県内の間伐材も使用する。IHI製ボイラを採用する。約20万トンの二酸化炭素(CO2)削減に貢献する見通し。

 IHIはアセットマネジメントの一環として、鹿児島市七ツ島地区の土地に大規模な太陽光発電所やバイオ燃料用微細藻類の屋外大規模培養設備などを建設している。

 今回は約6万2000平方メートルの土地を活用して木質バイオマス発電所の建設を決めた。IHIは米国発電会社の買収などを通じて、バイオマス発電所運営ノウハウを蓄積してきた。

[2016年2月17日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ