本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

健康経営への関心高まる-政投銀の格付融資、前年度末比5割増

 企業の健康経営への関心が高まっている。日本政策投資銀行が手がける「健康経営格付融資」の2015年度末の累積件数は前年度末比5割以上増の70件超になりそうだ。経済産業省と東京証券取引所は従業員の健康対策を進めながら、収益性の高い「健康経営銘柄」を選定した。従業員の健康管理を重視することが企業価値の向上につながるとの認識が取引先や投資家に広がっており、企業の取り組みを後押ししている。

 政投銀の健康経営格付は従業員の健康に配慮している企業を選定し、120項目のチェックやヒアリングも実施する。評価は3段階で、評価に応じて融資の金利を優遇する。

 11年度に世界で初めて開始。格付けの取得件数は12年度末4件、14年度末45件、16年1月末に66件と年々増えている。融資の累計金額も14年度末の約670億円から15年度末には800億円超に達しそうだ。健康経営への取り組みは財務情報のように数値化する手段がない。政府系金融機関の格付けは企業信用力を底上げするため、利用する企業が今後も増えそうだ。

[2016年2月12日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ