1.やる気を高める目標設定

事業計画を策定する段階で、社員に目標を押し付けるだけでは、ノルマとして負担に感じるだけです。しかし、同じ目標でも自ら設定するものであればモチベーションも違ってきます。やる気を引き出す目標設定の方法を紹介します。
起業マニュアル「社員のやる気を高める目標設定」

2.やる気を持続させる"あの手この手"

目標に向かって業務に取り組む社員に対して、業務以外のことでもモチベーションを持続させる方法があります。1ページ目では働き方の環境整備、2ページ目では社員研修の実施、3ページ目では福利厚生の面からの取り組みを紹介します。
ビジネスQ&A「若い女性社員のやる気のでるような福利厚生を教えてください。
ビジネスQ&A「社員研修の効果的な方法を教えてください。」
ビジネスQ&A「ワーク・ライフ・バランスを企業内でどのように実現すればよいでしょうか?」

[2018年4月23日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報

  • 企業の成長のために、国や都道府県などの公的機関が展開する様々な施策、及び、今回の「特集」に関連する情報を集めました。ぜひご活用ください。
    <助成金>
    ■厚生労働省が行う、人材開発、人材育成に係る助成金の案内です。

  • <参考情報>
    ■優秀な人材の確保・定着やモチベーションの向上を図るため、パート・契約社員・派遣社員の正社員化、処遇の改善、人材育成、多様な働き方の推進などに取り組む企業の事例を紹介しています。

  • <参考情報>
    ■経済産業省では、「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」報告書を平成30年3月にとりまとめています。国内の産業が構造的な人手不足に陥っている現状や、グローバル化に伴い人材に求められる能力が変化していることをふまえて、人材力強化のために企業として取り組むべき方向性として、社員個人への成長機会の提供や、社員との対話による成長の方向性すり合わせといった具体的なアクションを提案しています。