1.新時代のビジネスモデル

IT・テクノロジーの急速な発達により、これまでなかったビジネスが生まれ、世の中に大きな影響を与えています。そしてこれらのビジスネモデルには、ビジネスのアイデアやヒントが詰まっています。1ページ目は、Uber(ウ―バー)について。スマートフォンでクルマを呼び、目的地まで乗せていってもらえるというビジネスモデルの解説です。2ページ目は、地域でエネルギーを有効活用する次世代の社会システム「スマートコミュニティ」について。3ページ目は、自社工場を持たないメーカーのビジネスモデル(=ファブレス企業)について紹介しています。
ビジネスQ&A「Uber(ウ―バー)のビジネスとは、どのようなものですか?」
ビジネスQ&A「スマートコミュニティビジネスの参入事例と支援策を教えてください。」
ビジネスQ&A「最近増えている「少人数のデザイン家電メーカー」のビジネスモデルを教えてください。」

2.IoTがビジネスを変える

あらゆるモノがインターネットに接続することを示すIoT。この浸透により、世の中はさらに大きく変革すると言われています。1・2ページ目は、IoTとはどういうものであり、IoTによりビジネスはどうなるのかなどを紹介しています。3ページ目は、IoTビジネスをサポートする制度について書いてあります。
ビジネスQ&A「最近、IoTという言葉をよく聞きますがそれは何ですか?」
ビジネスQ&A「IoT活用によって、ものづくりやサービスはどのように変わりますか。」
ビジネスQ&A「IoTビジネスを支援する制度あるいは支援施策はありますか?」

3.資金・人材調達にも変革

新しいビジネスのアイデアが生まれても、資金や人材がなければ実現することはできません。そして、資金や人材の獲得方法にも新しい手法が広がっています。1ページ目は、インターネットを活用して資金調達を実現するクラウドファンディングについて。2ページ目は、インターネットを活用して人材を募るクラウドソーシングについて紹介しています。
ビジネスQ&A「クラウドファンディングについて教えてください。」
ビジネスQ&A「人材不足の解決に有効といわれるクラウドソーシングとはどのようなものですか?」

4.人工知能の可能性

すでに多くのシーンで実用化され、世の中に大きなインパクトを与えている人工知能。今後は、さらに加速度的に活用されていくでしょう。1ページ目は、人工知能を実現するために欠かせないビッグデータについて紹介しています。2ページ目は、主に小売業における人工知能の可能性について書いてあります。
ビジネスQ&A「ビッグデータについて教えてください。」
ビジネスQ&A「情報通信や金融システムを中心に第3次ブームの人工知能は、今後どのような活用が可能ですか?」

[2017年8月28日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報