1.有給休暇での悩み

有給休暇は、労働基準法で定められた労働者の権利です。会社の都合で取得を拒んだり、時期をずらすように命じることは原則としてできません。1ページ目は、有給休暇に関する基礎知識と、休暇取得のメリットについて書いてあります。2ページ目は、有給休暇の取り方が全く異なる社員への対応についてのアドバイスです。3ページ目は、業務に差し支えないようにバランスよく有給休暇を取ってもらう方法について紹介しています。
起業マニュアル「労務管理のポイント:年次有給休暇」
ビジネスQ&A「従業員の間で有給休暇を使い切る人とほとんど使わない人の格差があり困っています。どのように対応したらよいか、教えてください。」
ビジネスQ&A「繁忙期に従業員の休暇が重ならないような上手な休暇の取らせ方を教えてください。」

2.社員の欠勤への対応

人それぞれに様々な事情があり、会社を突然休まなければならないこともあるかもしれません。そんな欠勤に柔軟に対応し、業務に支障を及ぼさないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。下の2つは、突然の欠勤による人手不足などを未然に防ぐ方法について紹介しています。
ビジネスQ&A「従業員がよく休み、業務に支障をきたしているのですが、その対応策を教えてください。」
ビジネスQ&A「少人数での作業における突発的な作業員の欠員にどのように対応したらよいですか?」

3.休職制度について

病気などで働けない状態になった時のための「休職制度」。従業員のためにも、また、労働力を保持するためにも、就業規則に取り入れてみてはいかがでしょう。1ページ目は、休職制度の基本的な内容についての解説です。2ページ目は、制度を作るときのポイントを紹介しています。
起業マニュアル「労務管理のポイント:休職」
ビジネスQ&A「就業規則で休職制度をつくるときの留意点を教えてください。」

4.休日労働について

繁忙期などには、休日でも社員に働いてもらわなければならない場合もあります。休日労働がトラブルの要因にならないように、扱い方を整理しておきましょう。1ページ目は、時間外・休日労働に関する基本事項について紹介しています。2ページ目は、振替休日も消化できなかった場合の対応について書いてあります。
起業マニュアル「労務管理のポイント:時間外・休日労働」
起業ノウハウ「振替休日の取扱いについて」

[2017年7月18日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報

  • 企業の成長のために、国や都道府県などの公的機関が展開する様々な施策、及び、今回の「特集」に関連する情報を集めました。ぜひご活用ください。

    <参考資料>
    ■社員の働き方・休み方の見直しや改善に役立つ情報を提供するサイトです。

  • <参考資料>
    ■休暇を取得しやすい職場環境、外出・旅行を通じて経済活性化に貢献、ワークライフ・バランスの実現等の提唱・推進が案内されています。

  • <参考情報>
    ■“仕事と生活の調和”の取れた社会の実現に向けて、企業の取組み事例やさまざまな情報が掲載されています。

  • <J-Net21編集部オススメ(1)>
    ◯東洋経済オンライン
    有給休暇を取得しないのには、「なんとなく休みにくい」という理由があるとのこと。社員が気兼ねなく休めるためには、どうすればよいかを論じています。

  • <J-Net21編集部オススメ(2)>
    ◯ダイヤモンド・オンライン
    社員が積極的に有給休暇を取得して有意義に活用できるように、工夫を凝らした有給制度を紹介しています。