1.外部のサイバー攻撃から守る

データの窃取、改ざんなどを行うサイバー攻撃は、年々多様化・巧妙化しています。被害を受ける前に、対策を施しておきましょう。1ページ目は、標的型と呼ばれるサイバー攻撃への対策について紹介しています。2ページ目は、Webサイトを守るための対策について、3ページ目は、LAN導入の際のリスクやセキュリティ対策について紹介しています。
ビジネスQ&A「インターネットの標的型攻撃とはなんですか?どんな対策をすればいいのですか?」
ビジネスQ&A「自社のWebサイトを改ざんされないための対策を教えてください。」
ビジネスQ&A「無線LAN導入の留意点について教えてください。」

2.内部からの情報流出を防ぐ

情報漏えい等の原因が外部からの攻撃ではなく、社内で発生している場合もあります。情報セキュリティには社内への対策も重要です。1ページ目は、不正による情報流出を防ぐ方法について紹介しています。2ページ目は、故意ではなく過失により個人情報が流出しないための注意点についてまとめています。
ビジネスQ&A「顧客情報の流出や従業員の不正などのリスクをマネジメントする方法を教えてください。」
ビジネスQ&A「情報発信を強化する際の注意事項を教えてください。」

3.個人情報の取り扱い方

ネット社会のなかで個人情報の取り扱いには、厳重な注意が必要です。これを疎かにすると、大きな問題へと発展することもあります。1ページ目は、個人情報の取得の方法について紹介しています。2ページ目は、主に取得した個人情報の利用の規制について書いてあります。
ビジネスQ&A「DM送付用のお客さまの住所録はどのようにすればつくれますか?」
法律コラム「個人情報の取得・収集と利用?個人情報保護法における「利用目的」による規制」

4.プライバシーマークについて

個人情報について適切な体制を整備していることを認定するプライバシーマーク。個人情報を扱う企業においては、取得を検討することもあるのではないでしょうか。1ページ目は、プライバシーマークがどのようなものかを解説しています。2ページ目は、その取得方法について紹介しています。
ビジネスQ&A「プライバシーマーク取得の効果は何ですか?」
ビジネスQ&A「プライバシーマークの取得方法や、その取得にかかる費用・期間について教えてください。」

[2017年6月19日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報