1.勤務時間を柔軟に設定

勤務時間を固定化することで、労働生産性を低下させていませんか。仕事の忙しさや働きやすい気候によって、勤務時間を柔軟に設定してみましょう。1番目のページは、仕事の忙しさ等に合わせて勤務時間を定められる変形労働時間制について紹介しています。2番目のページは、その中のフレックスタイムに焦点をあてて解説しています。3番目のページは、省エネにも役立つサマータイム制について紹介しています。
起業ノウハウ「労働時間管理:変形労働時間制」
起業ノウハウ「労働時間管理:変形労働時間制(フレックスタイム)」
ウェブ経営指南「サマータイム制度の導入」

2.労働時間の管理方

働き方が多岐にわたる現在、労働時間の管理を画一的に行うのは難しく、その方法が労働生産性にも影響を及ぼします。1ページ目は、労働時間の算定が困難な業務についての管理の方法を紹介しています。2ページ目は、近年、広がりつつある在宅勤務に関する時間管理について解説しています。3ページ目は、社内にいながらも労働時間が個人の裁量に任されがちな研究職等の時間管理について紹介しています。
起業ノウハウ「労働時間管理:みなし労働時間制」
ビジネスQ&A「在宅勤務制度の時間管理の方法を教えてください。」
ビジネスQ&A「研究職の従業員の時間管理は、どのようにすればよいですか?」

3.労働環境の全社的な改革

労働生産性を上げるためには、従業員のライフステージのことも折り込みながら、全社的な制度として改革していくことが求められます。1番目のページは、仕事と生活が両立できる職場環境を形成するワーク・ライフ・バランスについて紹介しています。2番目のページは、最適な事業成果と労働スタイルを目指す働き方改革について紹介しています。
ビジネスQ&A「ワーク・ライフ・バランスへの取組みのためには何が必要ですか?」
ビジネスQ&A「働き方改革はどのように進めればよいですか。」

4.働き方への意識を変える

労働生産性を上げるためには、雇用する側もされる側も、意識から変革することが必要です。ここでは、より具体的なケースを上げて解説します。1番目のページは、責任感から休日が取りにくい店長が、どうしたら休めるかを紹介しています。2番目のページは、全社をあげてワーク・ライフ・バランスの実現に取り組んだ企業の実例を紹介しています。
ビジネスQ&A「店長の休日を確保するには、どうしたらよいのでしょうか?」
施策活用企業事例「「誇りある会社」づくりにワーク・ライフ・バランス施策を活用」

[2017年6月12日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報