1.若い社員を定着させる

将来を担う若い社員を会社に定着させることは、会社の存続・成長にとって非常に大切です。1番目のページは、定着率を上げるための会社としての方策について紹介しています。2番目のページは、若い社員に"やる気"を出させる方法について紹介しています。
ビジネスQ&A「人材の確保とその定着を図るにはどのようにすればよいのでしょうか?」
ビジネスQ&A「若い従業員の離職率を下げるにはどうすればよいですか?」

2.上司のコミュニケーションスキル

上に立つものには、部下に対するコミュニケーションスキルが求められます。人材を活かすためには、欠かせない要素です。1番目のページは、店舗スタッフに対する店長のコミュニケーション方法を紹介しています。2番目のページは、ベテラン社員と若手社員を、共に人材として活かしていく方法について解説しています。
ウェブ経営指南「コミュニケーション能力を向上させる方法(店長編)」
ビジネスQ&A「ベテラン社員が若手社員の育成を円滑に行える方法を教えてください。」

3.年上の部下への対応

部下は年下とは限りません。高齢者の方が入社したり、年上の人が異動で部下になったりすることもよくあるケースです。1番目のページは、高齢者の方が部下として配属された場合、どのように対応すべきかを解説しています。2番目のページは、年下の上司が、どのような心得で行動していくべきかを紹介しています。
ビジネスQ&A「管理者が高齢者の部下を活かすためのポイントを教えてください。」
ビジネスQ&A「中高年の部下と若手の上司が円滑に仕事をするためには、どうすればよいのでしょうか?」

4.パート・アルバイトを伸ばす

4月には、正社員だけでなく、多くのパートやアルバイトも新しく入ってきます。彼らも大事な人材です。1番目と2番目のページは、パートのスキルを上げるための方法について紹介しています。3番目のページは、アルバイトを上手に活かす方法について解説しています。
ビジネスQ&A「経験の浅いパート社員の作業を指導する方法を教えてください。」
ビジネスQ&A「パート従業員の効果的な活用方法について教えてください。」
ビジネスQ&A「アルバイトを成長させて有用な人材として活用するには、どうしたらよいでしょうか?」

[2017年4月10日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報