1.会社のビジネスモデルを明確にする

会社が進むべき方向性やビジネスモデルをしっかりと決めることは、業績向上のためにも必要なことです。1番目のページは、ビジネスモデルを考える際に役立つツールについて紹介しています。2番目のページは、ビジネスモデルの作り方について解説しています。
ビジネスQ&A「ビジネスの仕組みを見える化できる『ビジネスモデルキャンバス』とは何ですか?」
ビジネスQ&A「ビジネスモデルとはどのようなもので、なぜ必要なのでしょうか?」

2.「見える化」で一般的な業務を効率的に

「見える化」は、あらゆる業務において役立てることができます。1番目のページは、事務作業をミスなく効率的に行うための業務フローの作り方・活用法について解説しています。2番目のページは、従業員のスキルを向上させるためのスキルマップの作り方・活用法について解説しています。
ビジネスQ&A「事務作業ミスを減らし効率的に行うにはどうしたら良いでしょうか。」
ビジネスQ&A「スキルマップの作成と活用方法について教えてください。」

3.製造現場での見える化

もともと「見える化」とは、製造業で行われていた「目で見る管理」から派生したことばです。1番目のページは、製造の現場で活用できる見える化について解説しています。2番目のページは、製造業における技能や技術をどのように継承していくか、見える化を活用する方法を紹介しています。
ビジネスQ&A「『見える化』とはどういうことなのでしょうか?」
人材活用の決め手「人づくり応援-事業を支え継承する人材育成-」

4.システムを活用した見える化

ITによって「見える化」は、さらに有効に活用できるようになっています。ここでは簡単に使える例を紹介。1番目のページは、資産管理のスマホアプリ「マネーツリー」などを紹介しています。2番目のページは、簡単なシステムの導入による見える化で、問題を解決した事例を紹介しています。
中小企業診断士の広場「資産管理を助ける『見える化』のチカラ」
施策活用企業事例「介護支援の見える化を行い、3K職場での残業ゼロをIT化で実現」

[2017年4月 3日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報

  • 企業の成長のために、国や都道府県などの公的機関が展開する様々な施策、及び、今回の「特集」に関連する情報を集めました。ぜひご活用ください。

    <参考資料>
    ■飛躍のきっかけをつかむためのヒント―企業の事例、相談窓口、施策―が取りまとめられています。

  • <参考資料>
    ■自社の経営の現状・課題等を解決し、経営革新のきっかけとなるように、わかりやすく、親しみやすくつくられた手引書です。

  • <参考情報>
    ■パソコンはもちろん、スマホ、タブレットで簡単に経営計画書が作成できるツールです。

  • <J-Net21編集部オススメ(1)>
    ◯ダイヤモンド・オンライン
    「お金の流れ」「儲かっているかどうか」「現場で何が起きているか」など、会社の動きを見える化する方法を紹介しています。

  • <J-Net21編集部オススメ(2)>
    ◯ITpro(日経BP社)
    見える化がIoTと融合することで進化した「IoT見える化」について記載されています。