1.解雇と法律

「解雇」にはどんな種類があり、いつ予告すべきなのか。1番目のページは「解雇」について知っておくべき法知識が記載されています。2番目のページには、どのような場合、従業員の解雇が「適切」と判断されるのか、2つのポイントを紹介しています。3番目のページには、整理解雇――いわゆる「リストラ」をする場合に知っておくべき法知識が記されています。
起業マニュアル「労働管理のポイント:解雇」
ビジネスQ&A「従業員を解雇する場合の留意点・手続きなどを教えてください。」
法律コラム「リストラと解雇」

2.解雇の手続き

契約期間が定められている社員が期間を満了したとします。これに伴い「次回は契約を更新しない」と告げるとします。契約満了日にこれを告げればよいかといえば、そうではありません。1番目のページをご確認ください。また、2番目のページは、役員の退任・解任について説明しています。3番目のページは、派遣労働者の解雇が「無効」と判断された裁判例の解説です。
ビジネスQ&A「当社ではパート労働者を1年契約で雇用し、これまで3回更新してきました。次回は更新しない予定です。法律上等でとくに問題はありませんか。」
ビジネスQ&A「役員の解任を行う際の具体的な手続き方法を教えてください。」
法律コラム「派遣労働者の解雇についての裁判例」

3.経営事情による解雇

業績悪化等、やむを得ない事情で従業員を解雇する場合、法的な裏付けが必要です。1番目のページには、整理解雇が法的に有効と判断される4つの要件が記されています。2番目のページは、契約期間のあるパート社員の解雇についての解説。3番目のページは、会社を清算するために従業員を解雇する場合の注意点を挙げています。
法律コラム「経営事情による従業員の解雇について」
ビジネスQ&A「急激な業績悪化のため、パート社員に辞めてもらうときの留意点を教えてください。」
ビジネスQ&A「会社を清算する場合の従業員の解雇について教えてください。」

4.補足

採用時、一方的に内定を取消すと、会社側が「権利の濫用」を行ったと判断される場合があります。下記のページは、内定の取消しの法的解釈と留意点を紹介しています。
ビジネスQ&A「採用内定取消しを行わざるを得ない場合の留意点を教えてください。」

[2017年3月27日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報