1.「経営セーフティ共済」はこんな企業におすすめ!

経営セーフティ共済の掛金を積んでおけば、掛金総額の10倍、最高8,000万円まで貸付を受けることができます。また、掛け金は月額5,000円からで、損金に算入できるため税金面でもお得。下記1番目のページでは、経営セーフティ共済の内容がストーリー形式でわかりやすく解説してあります。2番目のページは、下部に「経営セーフティ共済制度の加入状況(1)」というグラフがあり、加入件数が右肩上がりで増えていることがわかります。
ストーリーで学ぶ中小企業施策 知っておきたい中小企業施策(1)『家族と社員、仕入先を守る「経営セーフティ共済」』
ビジネスQ&A「連鎖倒産を未然に防止するための方法を教えてください。」

2.「経営セーフティ共済」の貸付額

加入から6カ月経過後に取引先が倒産し、売掛金債権及び前渡金返済請求権について回収困難となった場合、共済金貸付けが受けられます。また、取引先の倒産等が生じなくても、掛金の残高に応じて30万円以上の5万円単位で事業資金の貸付を受けることも可能。詳細は下のページの下部をご覧下さい。
こんなときどうする 中小企業の税金と会計「倒産防止共済掛金~大口取引先の突然の倒産に備えて~」

3.「経営セーフティ共済」を詳しく知る

下記1番目のページは、経営セーフティ共済のホームページです。2番目のページには、経営セーフティ共済の「制度の現況」や「解約手当金」や「承継」についてのリンクがあります。3番目のページは加入手続きの詳細です。
中小機構 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)
中小機構 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)「制度の紹介」
中小機構 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)「加入の流れ」

4.「経営セーフティ共済」に加入する

経営セーフティ共済への加入手続きは、中小機構と業務委託契約を締結している団体で、会員(組合員)となっている商工会、商工会議所、中小企業団体中央会、中小企業の組合など(委託団体)、または現に融資取引等のある金融機関の本支店(代理店)の窓口で行います。詳細は下記1番目のページをご覧下さい。2番目のページには、経営セーフティ共済に関する、よくある質問のまとめ、コールセンターの電話番号等が記されています。
中小機構 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)「経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)加入手続きの窓口」
中小機構 経営セーフティ共済 お問い合わせ

関連する支援施策・支援情報のご紹介