1.「小規模企業共済」はお得で手軽!

小規模企業共済は、国の法律で決められた、経営者の退職金の積み立て制度。掛け金は毎月1,000円~70,000円の範囲内で自由に選べ、全額が所得控除になります。下のページでは、小規模企業共済の内容をストーリー形式でわかりやすく解説しています。
ストーリーで学ぶ中小企業施策 知っておきたい中小企業施策(1)「引退後の不安を解消する「小規模企業共済」」

2.「小規模企業共済」の税制

小規模企業共済に加入すれば、年間に最大1,680,000円の所得控除を受けることが可能です。また共済金を受け取るときも「退職所得」や「公的年金等の雑所得」扱いになり、税制面で有利。詳しくは下記のページをご覧下さい。
こんなときどうする 中小企業の税金と会計「中小企業経営者のための退職金制度(小規模企業共済掛金)」

3.「小規模企業共済」を詳しく知る

下記1番目のページは、小規模企業共済のホームページ。2番目のページには小規模企業共済の「契約者貸付制度」や「加入資格」や「共済金(解約手当金)」についてのリンクがあります。3番目のページを利用すると、小規模企業共済制度に加入した場合、どれだけの共済金を受け取ることができ、どれだけ節税効果があるか試算できます。4番目のページは加入手続きの流れです。
中小機構 小規模企業共済
小規模企業共済「制度の紹介」
小規模企業共済「加入シミュレーションのご案内」
小規模企業共済「加入手続きの流れ」

4.「小規模企業共済」に加入する

小規模企業共済への加入手続きは、中小機構と業務委託契約を締結している委託機関(委託団体)または金融機関の本支店(代理店)の窓口で行います。下記1番目のページをご覧下さい。2番目のページには、小規模企業共済に関する、よくある質問のまとめ、コールセンターの電話番号等が記されています。
小規模企業共済「小規模企業共済 加入手続きの窓口」
小規模企業共済「お問い合わせ」

関連する支援施策・支援情報のご紹介