1.日時、月次での情報収集

改善のためには、現場で何が起きているのか正しい情報を知ることが肝心です。1番目のページは、日報により情報を収集するための必要なことがまとめられています。2番目のページは、いわゆる「PDCAサイクル」の「C」にあたる、月次決算の重要性について書かれています。
ウェブ経営指南「日報の大切さとその活用」
ビジネスQ&A「月次決算の考え方と導入方法について教えてください。」

2.現場改善のための具体的施策

経営者が理想的な職場環境をつくろうとしても「笛吹けど踊らず」になる場合も多いようです。1番目のページでは「5S」(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を定着させるための方法が記されています。2番目のページは、社員の力を出し切ってもらうために必要な「工程管理システム」の導入法を詳しく紹介しています。
ビジネスQ&A「現場での5S運動定着化のための考え方、行動の仕方は?」
ビジネスQ&A「工程管理システムの効果的な活用方法を教えてください。」

3.他社事例から学ぶ

改善を繰り返し、成長した企業の成功事例を紹介します。1番目のページは、中長期的なPDCAをまわすことにより経営難を脱し、黒字化を確立した【株式会社宮城化成】の事例。2番目のページは、目標を期、半期、月次、日次のPDCAに落とし込んで社員を動かし、業績を回復させた【カホク運送株式会社】の例。3番目のページは、従業員のモチベーション低下に悩むも人事制度の改善を繰り返し、社員の定着率を改善した【株式会社ケンリツ】の事例です。
"計画"経営の徹底を方針とし、意識改革を掲げた施策展開で大きく業績を改善【株式会社宮城化成】
経営数値を社員が理解しやすい指標に置き換え、参画意識を高め、経営者と社員が一体となった管理により業績を回復【カホク運送株式会社】
人事評価の仕組みづくりと営業体制の構築により強固な経営基盤を確立【株式会社ケンリツ】

関連する支援施策・支援情報のご紹介