1.事業承継にはどんな方法があるの?

事業承継には「親族内承継」、従業員等の社内関係者への事業譲渡「MBO」のほか、事業を他社に売却する「M&A」等の方法があります。
こんなときどうする 中小企業の税金と会計「事業承継支援資金の活用など広い視野で考える」

2.事業承継のために必要な準備は?

「会社の経営資源の状況」を明確にし、「経営者の資産および負債状況」を明らかにして「後継者候補の選定」をし......と、事業承継には一定のやり方があります。1番目のサイトをご覧下さい。なかでも、後継者の育成は大問題。2番目のサイト、全国で行われている支援策をご利用ください。
ビジネスQ&A「事業承継計画の作成方法について教えてください。」
ビジネスQ&A「後継者育成のための支援策を教えてください。」

3.事業を承継する側の準備は?

親族に事業承継を任せたい、しかし子どもにその気がない......。そんな時は、1番上のサイトをご覧下さい。事業承継先をM&A仲介会社などに委ねるなど、様々なケースが紹介されています。「どうしたら子どもが継いでくれるか」と悩んでいる場合は2番目のサイトを、「子どもはやる気があるが何を準備しておけばいいか」の場合は3番目のサイトをご覧下さい。
ビジネスQ&A「後継者として期待している息子がいますが、会社を継ぐ気がありません。どうしたらよいでしょうか?」
ビジネスQ&A「後継者がいないのですが、会社は存続させたいと思っています。どう対応すればよいでしょうか?」
ビジネスQ&A「将来、自分の子供に事業を継がせたいと考えております。円滑に承継するためには、どのような点がポイントになるのでしょうか。」

4.MBOとM&Aについての知識も持ちましょう

親族に事業承継できない場合、MBOかM&Aによる事業承継を探ることになります。MBOは「企業の経営陣による自社の買収」。従業員が後継者になれば社内の反発や取引先の不安も少なくスムーズな事業承継が期待できます。この方法に興味がある場合は1番目のサイトをご覧下さい。一方、事業を他社へ売却するM&Aを選んだ場合、中小企業ならではの問題も発生するようです。取引が代表者や役員間の個人的結びつきによって成立している場合が多く、経営陣が交替するのであれば取引を清算したい、と言われることもあるのです。詳しくは2番目のサイトをご覧下さい。
ビジネスQ&A「MBO(Management Buy Out)を活用したいと考えています。具体的な方法を教えてください。」
ビジネスQ&A「年商5億円程度の中小企業ですが、後継者がいないため、M&Aで会社を売却したいと考えています。」

関連する支援施策・支援情報のご紹介