1.自社の現状を把握する

まず、自社の組織力や人材育成力がどの程度か把握しましょう。1番目のサイトのチェックシートを使い、自己診断してみてください。次に2番目のサイトを読み、社員の能力を伸ばせる職場環境が築けているか診断してください。
経営ハンドブック「組織と人材をチェックする」
ビジネスQ&A「社員の能力が伸びる職場環境を構築したいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。」

2.なぜ社員が能力を発揮できないか知る

個々の社員の能力が存分に発揮されていない状況は企業にとって大きな機会損失です。能力が発揮できない状況の原因を探り、解決法を考えてみましょう。1番目のサイトでは、失敗を繰り返す社員への対処方法が、2番目のサイトでは、管理職に抜擢したものの、成果を出せずにいる社員への対処法が記されています。
ウェブ経営指南「社員の失敗を次の成功に結びつける方法」
ビジネスQ&A「管理職にした社員が能力を発揮できないのですが、どうしてでしょうか?」

3.社員の勤務態度を是正する

業務中の行動や勤怠について悩む経営者、多いのではないでしょうか?1~3番目のサイトでは、勤務中の問題行動についての解決策が具体的に記されています。また、4番目のサイトでは社員の行動を調査する際の留意点が記載されています。
ビジネスQ&A「社員が業務時間中に業務に関係のないホームページを見て困っています。何かよい対応方法はありませんか。」
ビジネスQ&A「従業員がよく休み、業務に支障をきたしているのですが、その対応策を教えてください。」
ビジネスQ&A「反抗的な社員をうまく活用するにはどうすれば良いですか。」
ビジネスQ&A「従業員の勤務態度のモニタリングは、どの程度まで認められるのでしょうか?」

[2016年11月21日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報