1.優秀な人材を獲得するために

まずは、採用のポイントを確認しましょう。1・2・3番目のサイトは中小企業におすすめの選考方法がまとまっています。4番目のサイトは経営幹部候補の採用ポイントが書かれています。部下が採用を担当する場合、下記のページを共有しておくと効率的でしょう。
ビジネスQ&A「初めて人材の採用をするのですが、失敗しない採用のポイントを教えてください。」
ビジネスQ&A「選考方法とポイントについて、教えてください。」
起業マニュアル「面接、採用のポイント」
ビジネスQ&A「どうすれば会社に必要な経営幹部となる人材を採用できますか?」

2.助成制度を活用する

1番目のサイトは、中小企業経営者におすすめしたい、雇用促進税制について書かれています。2番目のサイトは、被災離職者、あるいは被災地域に居住していた人を継続して雇用した場合に受けられる助成制度について書かれています。
ビジネスQ&A「雇用促進税制について教えてください。」
ビジネスQ&A「被災者の雇用を考えていますが、助成はあるのでしょうか。」

3.高齢者雇用

高齢者雇用安定法は、被雇用者の年齢による差別を防止する目的で制定されました。年金受給開始まで意欲・能力に応じて働ける環境を整備するため平成25年に改正されました。1・2番目のサイトではその詳細を紹介しています。3・4番目のサイトは、高齢者を雇用した場合や、定年を延長した場合の助成制度についてまとまっています。
法律コラム「高齢者雇用安定法の改正について」
ビジネスQ&A「定年後に希望者全員を再雇用する際の留意点を教えてください。」
ビジネスQ&A「高年齢者雇用安定助成金の内容について教えてください。」
ビジネスQ&A「定年延長などに関する助成金にはどのようなものがありますか?」
<参考資料>
厚生労働省 高年齢者の雇用
※高年齢者の雇用についてのルールが記載されています。

[2016年10月31日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報