1.具体的施策あれこれ

1番上のサイトでは、社内提案制度、社員アンケート調査など、コミュニケーション向上のため使える施策が列挙されています。2番目のサイトには「従業員持ち株会制度」などモチベーションアップのための施策が、3番目のサイトには「ビジョンや目標をいかに伝えるか」の手法が記されています。
ビジネスQ&A「社員をひとつにまとめるために何か方法はありませんか。」
ウェブ経営指南「社員のモチベーションアップ策」
ビジネスQ&A「従業員とのコミュニケーションの取り方について、アドバイスをお願いします。」

2.「辞める理由」をさぐる

労働市場の流動化が進んだ現在、社員が「やめたい」と思う理由を少しでも減らしていくことは経営者のつとめ。1番上のサイトでは、社員の退職理由と対策法が簡潔に記されています。2番目のサイトには、入社前、入社後の施策が、3番目のサイトには、社員の不満を取り除くには中間管理職とどのようなコミュニケーションをとったらよいかが記されています。
人材活用の決め手「なぜ社員が定着しないのかを知る」
ビジネスQ&A「人材の定着率をあげるにはどうすればよいでしょうか?」
ビジネスQ&A「反抗的な社員をうまく活用するにはどうすれば良いですか。」

3.他社の施策を知る

毎日社員に声をかけ、社員が意欲を持って仕事ができる環境づくりを目指した『昭和電気鋳鋼』や、明確なビジョン・目標に共感し、お金ではない価値を提示し社員を動かした『インターネットイニシアティブ(IIJ)』など、躍進する企業の実録から社員との関わり方が学べます。
闘いつづける経営者たち「昭和電気鋳鋼株式会社」
(社員とのコミュニケーションに関する記述は連載第2回目に掲載)
闘いつづける経営者たち「株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)」
<参考資料>
2015年版中小企業白書 第2部中小企業・小規模事業者のさらなる飛躍/2.人材の定着
※普段からコミュニケーションをしっかり取り、未然に就労者の不満を吸い上げる等々、経営者にとって興味深い調査データが掲載されています。

関連する支援施策・支援情報のご紹介