1.社内制度を見直す

自分より他人が得していると感じると、よく思わないのが人の常。公平な人事評価は、企業の根幹をなすべきものです。とくに一番上のサイトでは「十分な給料を払っているはずなのに、社員がやる気を出さない」など、人事に関して発生しやすい5つの問題についての対策が解説してあります。
社長の道場「公正な人事評価なくして懸命に働けない」
ビジネスQ&A「社員同士の仲が悪くて困っています。よい解決方法はありませんか?」
ビジネスQ&A「従業員がよく休み、業務に支障をきたしているのですが、その対応策を教えてください。」

2.パワハラを未然に回避する

上司、部下の関係も注意を配らなければいけません。上司にとって指導のつもりでも、部下にとってはパワハラだった......という事態を避けるため、まずは経営者が指導とパワハラの違いをきちんと把握しましょう。
法律コラム「人事・労務の基礎(8)叱責はパワハラ?」
法律コラム「パワーハラスメントとは」

3.社員を追いつめないために

「メンタルヘルスケア」を必要とする不調者の発生を避けるには、定期的に職場環境をチェックすることが効果的。下記サイトでは、環境チェックの際に大切にすべき3つのポイントが解説されています。また、能動的な仕事を増やすことにより仕事への積極性が引き出せるなど、対処法も記されています。
人材活用の決め手「ストレスマネジメントについて」

関連する支援施策・支援情報のご紹介