1.経営計画を策定していない場合は?

様々な経営者が「具体的な計画を持っている企業が伸びる」と明言しています。このサイトには「日々の仕事に追われ、なりゆきにまかせて事業を営んでいては、将来にわたってよい成果を生むことはできない」など、経営計画を立てる意義が記されています。
経営ハンドブック「はじめて経営計画をつくる」

2.計画通りに進めるために

経営計画は、立案すれば終わるものでなく、絶えず進捗管理を行ない、計画と実績の差異を分析することが重要です。進捗管理では、そもそも計画が妥当だったのか、未達の場合は何が原因だったのか判断することが大切。下記の記事を読めば、多くの企業が実践している計画立案・管理の流れが理解できます。
経営ハンドブック「経営計画を生かすための進捗管理」
ビジネスQ&A「経営計画を計画どおりに実施するためにはどうしたらよいですか?」

3.経営計画を確認する

当サイトには、経営計画が立案・運用できているか、客観的に確認できるチェックシートがあります。有名コンサルティング会社も同様のチェックシートを使っており、記入すれば会社の弱点が一目瞭然! 同時に、経営者が実施すべき「財務体質」「自業務管理」のチェックシートもピックアップしました。
経営ハンドブック「経営計画をチェックする」
経営ハンドブック「財務体質をチェックする」
経営ハンドブック「自業務管理をチェックする」
<参考資料>
経済産業省 経営計画策定支援(PDF)
 ※経営計画の必要性から、策定方法まで詳しくまとまっています。

関連する支援施策・支援情報のご紹介