1.メンタルヘルスを知る

調子が悪そうな社員がいても、メンタルヘルスケアに関するルールを決めておかなければ対応できません。下記1つめのサイトには、管理職教育やルール作りに関する情報がまとめられています。「メンタルヘルスガイドブック(PDF)」には、28ページにわたり、基礎知識から対応まで細かく記載されています。
人材活用の決め手「メンタルヘルスとは」
メンタルヘルスガイドブック(PDF)

2.メンタルヘルスのサインを感じたら

実際に社員からメンタルヘルスの予兆を感じたら、早急な対応が必要です。まずはサインを見逃さないようにしましょう。法律コラムには、いざというとき経営者がどう振る舞うべきかが記されています。
人材活用の決め手「サインを受けたとき、発生したときの対応」
法律コラム「メンタルヘルスケアの基本的考え方」

3.しっかり「事前対策」を

そもそも、社員がストレスを感じにくい職場環境をつくることが大切。下記1つめのサイトには、セクハラへの対応・対策について紹介されています。2つめのサイトには、職場環境の改善に向け、具体的にどのようなステップを踏んで進めばよいかが書いてあります。
ビジネスQ&A「いま職場内で実施すべきセクハラ対策には、どのようなものがありますか?」
法律コラム「職場のメンタルヘルス対策(3)ストレス軽減対策」
<参考資料>
職場におけるメンタルヘルス対策の推進について(PDF)
 ※メンタルヘルス対策に関する様々なデータがまとめられ、国の対策が記されています。

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 企業の成長のために、国や都道府県などの公的機関が展開する様々な施策、及び、今回の「特集」に関連する情報を集めました。ぜひご活用ください。

    <参考資料>
    ■入門的な内容から専門的な情報まで幅広く網羅されている、「メンタルヘルス」の総合サイトです。

  • <参考情報>
    ■職場のメンタルヘルス対策、及び過重労働対策について的確な情報を提供します。

  • <助成金>
    ■労働者健康安全機構より、助成金のご案内です。

  • <J-Net21編集部オススメ①>
    ◯ダイヤモンドオンライン
    ストレスチェックを単なる義務ととらえるのではなく、職場改善に活用し、生産性向上に結び付けるためのアプローチとするために。

  • <J-Net21編集部オススメ②>
    ◯東洋経済オンライン
    人の悩みの9割である「人間関係」を改善するためのコミュニケーション力は「素質」ではなく、向上させることができる「スキル」なのです。