1.フレックスタイム制について

社員それぞれが始業時間、就業時間を決められる制度、これがフレックスタイム制。それぞれの体調や業務内容に合わせた勤務が可能で、企業にとってもメリットがあります。導入を検討するために必要な情報を集めました。
ビジネスQ&A 従業員のマネジメント「社員の能力が伸びる職場環境を構築したいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。」
起業ノウハウ「労働時間管理:変形労働時間制(フレックスタイム)」

2.在宅勤務も検討の余地あり

通信環境が整い、パソコンが普及した現在、在宅勤務制度を導入する企業が増えています。通勤の負担なく勤務できるメリットがある一方、業務時間とプライベートが混同されがちで、トラブルの原因にもなりかねません。自社導入を検討するための情報を集めました。
ビジネスQ&A 人事制度と労務管理「在宅勤務制度の時間管理の方法を教えてください。」
起業ノウハウ「均衡待遇・正社員化推進奨励金の活用(短時間正社員制度)」

3.サマータイムも方法のひとつ

節電で注目を浴びた「サマータイム制度」。節電効果や終業後の余暇が増えるなどのメリットがあります。一方、取引先や顧客の理解が欠かせません。制度導入に必要な情報を集めました。
ウェブ経営指南「サマータイム制度の導入」
<参考資料>
効率的な働き方に向けてフレックスタイム制の導入(労働基準局)
 ※フレックスタイム制の要件や詳細、導入企業例など、それぞれ簡潔にまとめられています。
<参考資料>
ゆう活 - はじめよう!夕方を楽しく活かす働き方
 ※政府が取り組みを進めている夏の働き方「ゆう活」の利点を再確認できます。

関連する支援施策・支援情報のご紹介