1.個々の要望を叶え、社員の気持ちを掴む

スポーツクラブや料理教室など、バラエティ豊かな福利厚生を企業向けに提供する会社が人気です。アウトソーサーを活用すれば、規模の小さな会社でも少額の会費で大企業と遜色のない福利厚生メニューを社員に提供できます。
中小ベンチャー企業の福利厚生講座「おしきせのサービスは望まれていない」
中小企業経営「中小企業にとっての福利厚生」

2.若手社員に主導権を渡す選択肢を持つ

運動会やボウリング大会などの社内レクリエーション。しかし、若い社員は、本当にそのイベントを望んでいるのでしょうか? また、経営者の考え方は伝わっていますか? 社員に予算や時間配分を任せ、社員が望むイベントを主催してもらうのもよい方法です。
中小ベンチャー企業の福利厚生講座「豪華さではなく、メッセージを込めて」

3.誕生日会で社員同士のコミュニケーションを図る

社員の慰労目的で開催する会食や社内旅行。これも、もっと経営に役立てる方法があります。福利厚生をコミュニケーションの場として利用するなど、各社、工夫をしています。
人事制度と労務管理「若い女性社員のやる気のでるような福利厚生を教えてください。」
創業者列伝II:南部・野村和史社長「社員教育こそ経営の基礎」

4.社員の人生を後押しできる会社に

社員が英会話教室やビジネススクールへ通うことは会社の将来のためにもよいこと。「試験日には休暇申請が可能」など独自の制度を設け、社員の向上心を刺激しましょう。
社員の定着化講座「離職の対策を考える(1)-衛生要因とその対策-」
中小企業診断士の仕事「現場からみるワーク・ライフ・バランス支援のポイント」

関連する支援施策・支援情報のご紹介