1.基礎を学びトラブルに備える

今後、労働基準法は改正される見込みです。改正後は、年次有給休暇を10日以上付与する労働者に対し、年間最低5日間は有給休暇を取得してもらうことが経営者に対し義務化される予定。雇用側も、有給休暇に関する基礎知識を改めて学んでおきしょう。
起業マニュアル「労務管理のポイント:年次有給休暇」
起業マニュアル「労働時間管理の基本」

2.「分散取得」で社員のモチベーションを保つ

繁忙期に有給休暇の取得が集中すると人員不足を招きかねません。しかし、やみくもに休暇の取得を拒めば社員のモチベーションを下げてしまいます。適切な労務管理を行うためにも、従業員と話し合い、早めに人員計画を立てておくことが重要です。
ビジネスQ&A「繁忙期に従業員の休暇が重ならないような上手な休暇の取らせ方を教えてください」
法律コラム「人事・労務|法律上の休日の考え方」

3.格差に目を向け不公平感を解消

有給休暇の取得日数、社員によって差が生じていませんか? 放置しておくと社内に不公平感が生まれ、労働意欲の低下を招きかねません。社員に「公平・公正」と感じてもらうためにも対応例を学びましょう。
ビジネスQ&A「従業員の間で有給休暇を使い切る人とほとんど使わない人の格差があり困っています」
「ブラック企業」と呼ばれないための講座「『ブラック』予防の王道は、基本の徹底」

4.休暇制度の見直しも時には必要

「リフレッシュ休暇」「アニバーサリー休暇」など、独自の休暇制度を導入している企業もあります。休暇を与えるだけでなく、社員のリフレッシュやモチベーション向上につなげるためには、どのような施策が必要なのでしょうか。
社員の定着化講座「離職の対策を考える(1)-衛生要因とその対策-」
企業ノウハウ「労働条件の不利益変更について」
中小ベンチャー企業の福利厚生講座「最終回:豪華さではなく、メッセージを込めて」

関連する支援施策・支援情報のご紹介