1.マーケットやユーザーに寄り添った営業活動

既存顧客との信頼関係だけに頼って売り上げを確保する企業は意外と多いもの。とくに長年、地域に根付いてきた企業が陥りやすい罠です。新たな顧客を獲得するためにも、市場や顧客のニーズに寄り添った営業活動が必要です。
中堅・中小起業の改革物語「第12回 ある中小企業の営業力強化の話」
「マーケット重視の営業展開で開発力も向上」株式会社 紀州ほそ川 細川清社長

2.「御用聞き」から「コンサルティング営業」へ

商品やサービスが複雑化するほど、顧客は「本当にこの選択がベストなの?」と不安を感じる傾向があります。単に顧客のニーズを満たすだけでなく、顧客の情報を詳しく聞き出し、新たなニーズを創り出すことも大切です。
ビジネスQ&A「コンサルティング営業に方向転換させるためにはどうすればよいのでしょうか?」
ビジネスQ&A「コンサルティング営業を浸透させるポイントを教えてください。」

3.変化にあわせた営業部門の再構築

様々な企業が、営業組織のあり方を変え、成果の最大化を図っています。たとえば、営業と開発部門を一体化し、「チーム型営業」を取り入れる企業。さらには、顧客企業の要望に合わせ営業体制や人員のシフトを見直す企業も。「営業組織のつくりかた」を学びましょう。
ビジネスQ&A「営業部門を再編したいのですが、どのような組織編成にすればよいでしょうか?」
ビジネスQ&A「営業と開発をうまく連携させるポイントを教えてください。」

4.営業の効率化や、新たな人材確保をおこなう

営業効率のアップは、すべての企業に必要なノウハウ。たとえば、無理して人材を確保するよりアウトソーシングしたほうが効率的な場合もあります。下記サイトを参考にしてください。
ビジネスQ&A「従業員を増やさずに効率的な営業をする方法を教えてください。」
ウェブ経営指南「営業力強化のための人材確保策」

関連する支援施策・支援情報のご紹介