1.世のニーズを掴み、顧客視点に立った製品開発を行う

新製品の開発にあたり、よく「顧客視点に立った開発を」と言われます。しかし、技術力を持つ会社は「良い機能さえあれば売れるだろう」と、プロダクトアウトの思考に陥りがち。まずは市場や客先のニーズを掴み、世の中で何が必要とされているかを知りましょう。
ビジネスQ&A「効果的な新商品開発のポイントとは?」
ビジネスQ&A「デザイナーの思考プロセスを応用した「サービスデザイン」とはどのようなものでしょうか?」
ビジネスQ&A「コストをかけずに市場調査をする方法はありますか。」

2.特許の事前調査をしっかりとおこなう

製品が完成目前の段階で「他社が特許を取っている」とわかる例は珍しくありません。一方、他社の特許を利用すれば開発が一気に前進するなど、「特許情報」を知ることは意外と重要です。下の記事で、特許の基本を学んでください。
ウェブ経営指南「企業の知的財産を守る(基礎編)」
ビジネスQ&A「新製品開発で陥りやすいミスはありますか?」
ビジネスQ&A「特許取得費用の軽減制度などの公的支援はありませんか?」

3.製品開発手法を学び、支援制度も利用する

商品・サービスの開発時に検討すべき項目は、どの業界でも似通っています。これを知り、商品開発時の失敗をなくすなど効率化を進めましょう。また、産学連携や、さまざまな公的機関の支援制度の利用なども、効率化を図る上で有効です。
ビジネスQ&A「製品開発に使う手法やツールには、どのようなものがありますか?」
ビジネスQ&A「TLOの役割とその事業内容について教えてください。」
ビジネスQ&A「自社の技術的課題を解決したいのですが、何かよい支援制度がありましたら教えてください。

4.他社の成功事例を自社の開発に活かす

業態開発の事例は、業界が違っても良い教科書になります。また、失敗例を学ぶことも有効です。
施策活用企業事例「特許取得から販売まで施策を上手に利用して、新型広告媒体を創造【アート・プレイン】」
地域資源活用チャンネル「「生命を守る」電気錠の専門メーカー」
施策活用企業事例「廃プラスチックを利用した大型工業製品の開発による事業拡大【リプラス】」

関連する支援施策・支援情報のご紹介