1.世代間断絶を理解し、コミュニケーションスキルの向上を図る

1990年代後半、バブル崩壊に伴い採用を抑制してきた企業は、職場の上司・先輩社員と新入社員との間に本来存在すべき中堅社員の不在という事態を招きました。そのため「世代間断絶」が起きています。よって、リーダーが自ら若手の積極性を引き出す必要があるのです。若手社員とのコミュニケーションをとるための基礎を、改めて学んでみましょう。
人材活用の決め手「コミュニケーションの重要性」
人材活用の決め手「コミュニケーションの円滑化と組織風土の改善」
人材活用の決め手「『褒める』『叱る』の考え方」

2.社員の精神的孤立化を防ぐ

OJT教育などをおこなったあと、配属先に新人教育を任せっきりにしているケースが多く見られます。人材の定着率を向上させるためには、経営者が自ら新入社員との交流を持ち、自身の考え方や、社員への期待などを話すとともに、彼らの考えを聴くことが大切です。また、新人が独りで悩みを抱えないようメンター制度を取り入れ、相談事を聴きやすい環境を整えることなども効果的です。
ビジネスQ&A「人材の定着率をあげるにはどうすればよいでしょうか?」
ビジネスQ&A「従業員とのコミュニケーションの取り方について、アドバイスをお願いします。」

3.社内コミュニケーション=情報の共有化

社員同士の人間関係が円滑にし、社員の一体感を醸成するには、普段から「社員同士で話し合う」「情報を共有する」ことが大切。社内のコミュニケーションが闊達であれば「この顧客にはこの営業トークが効いた」など、売り上げアップにもつながります。具体的には、「社内情報誌の発行」「社員アンケート調査」など、様々な方法があります。
ビジネスQ&A「社員をひとつにまとめるために何か方法はありませんか。」
ビジネスQ&A「社員のやる気を引き出す経営のポイントを教えてください。」

4.やる気を継続させるための仕組みづくりを行う

コミュニケーションが闊達になってきたら、若手のモチベーションを引き起こし、持続させる仕組みづくりも必要です。話を聞いて終わるのでなく、若手がどのような職場を求めているのかを知り、できる限り具現化することを意識しましょう。そのためにも、様々な企業で実施されている社員定着のための人事施策を参考にしてください。
人材活用の決め手「社員を定着させるための施策例
ビジネスQ&A「若い女性社員のやる気のでるような福利厚生を教えてください。」

関連する支援施策・支援情報のご紹介