1.人材採用の基本を知る

「男性だけ、女性だけの募集、年齢制限を設けた募集は出来ない」など、基本的な事柄が書いてあります。
ビジネスQ&A「初めて人材の採用をするのですが、失敗しない採用のポイントを教えてください。」

下記のページには、どのような質問が差別やセクシャルハラスメントに該当するかがまとまっています。
不適切な質問をすると、面接参加者から、インターネットに悪評を書き込まれかねません。細心の注意を払うべきです。
ビジネスQ&A「社員やアルバイトに応募してきた者と面接する際の留意点を教えてください。」

面接で、自社に向いた人材かそうでないかを見極めるためには、何を質問するか、カテゴリー別に考えるべきです。そのためには、どのような人材を求めているか、事前の議論が必要でしょう。下記サイトを参考にしてください。
ビジネスQ&A「面接項目の設定のポイントを教えてください。」

2.中小企業の人材採用とは?

大企業ばかりが人気を集めるわけではありません。「大企業と違ってすぐに責任を持った仕事ができる」など、中小企業ならではの強みがあります。下記サイトの記事、第1回目は、「まずは学生とどのような接点を持つべきか」といった中小企業の採用の手順が記されています。第2回目は、トップが応募者とどのようなコミュニケーションをはかるべきかが書かれています。
人材活用の決め手「中小・ベンチャー企業の新卒採用講座」

もし、人材採用の経験がなく、募集、面接などのノウハウを得たい場合は、外部の企業に相談してみるのもよい方法です。
人材活用の決め手「外部資源活用講座 第2回:人材採用も外部資源を活用する」

3.内定辞退は防げる!

なかでも、最近大きな問題になっているのが「内定辞退」。人材を募集し、面接を実施し、内定辞退をされてしまったら採用にかけたコストが無駄になってしまいます。ではなぜ内定辞退が起きるのか。防ぐには、どのような方法がよいのでしょう? 著書『就活のバカヤロー』などで知られる常見陽平さんがインタビューに答えています。
人材活用の決め手「内定受諾率100%の採用とは?」

中小企業の経営者が、内定者にどのようなコミュニケーションをとるべきか描かれています。
人材活用の決め手「中小・ベンチャー企業の新卒採用講座 最終回:新卒採用者が入社するまで手を抜かない」

4.継続的に優秀な人材を採用するために

内定者は必ず、家族や友人に、内定を報告するはず。そんな時、検索され「ブラック」などと表示されてしまったら、心理的悪影響は避けられません。「ブラック企業」と呼ばれないため、下記の事柄に留意してください。
人材活用の決め手「『ブラック企業』と呼ばれないための講座」

関連する支援施策・支援情報のご紹介