1.若くして起業した先輩たちの体験を参考にする

若い時の起業にはさまざまな形があります。卒業と同時に起業する、就職を経験した後に起業する。若いからこそ、その選択の幅には広がりがあります。
「起業のススメ」

2.起業の「いろは」を知る

起業するためには、事業計画の作成や資金の調達などが必要です。まずは起業のための基礎知識を押さえましょう。
起業ABC「マニュアル」

3.資金を調達する

起業するうえで資金の確保は必須です。しかし、未経験の起業家に銀行や信金などは簡単には融資してくれません。公的金融機関の若者起業向け融資をチェックしておきましょう。
ビジネスQ&A「創業を目的とした公的な融資制度はありますか?」

4.施設・知恵を借りる

創業間もない起業家には、施設やアドバイザーを斡旋する公的支援があります。経験の少ない若者が悩んだ時にはいつでも専門家の知恵が借りられます。
ビジネスQ&A「創業間もない企業が入居できるオフィスはありませんか?」

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 起業を考えている方のために、国や都道府県などの公的機関では、様々な役立つ施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <参考情報>
    ■スタートアップに役立つ情報やツール、全国のデータなどから起業のヒントを見つけてみましょう!

  • <参考情報>
    ■中小企業大学校東京校(東京都東大和市)内にある創業支援・新事業支援拠点「BusiNest」ビジネストでは、自由なオフィススペースと専属サポーターによる支援、視野とネットワークを広げるイベント等をご用意しています。

  • <参考情報>
    ■全国の創業・ベンチャーに関する助成制度・公募情報を掲載しています!

  • <相談窓口>
    ■経営に関することなら、なんでも気軽に相談できる公的な相談窓口。