1.新入社員の離職率を下げる

厚生労働省の「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧」によると、新卒社員の3人に1人以上の人が、3年以内に離職するという驚きの結果でした。きめの細かい企業説明やインターンシップなど新人を採用する前にできること、相談相手として若手社員を担当にするなど採用後にできることがあります。
ビジネスQ&A「若い従業員の離職率を下げるにはどうすればよいですか?」
ビジネスQ&A「人材の定着率をあげるにはどうすればよいでしょうか?」

2.精神面でのケアも必要です

入社当時は誰でも不安がいっぱいで、ちょっとしたことでもストレスと受け止めます。同じ職場環境でも、ストレス耐性は人によって異なります。一人ひとりのストレス耐性を正しく把握し、個別に対処していく必要があります。
起業ABC「社員をストレスに強い人材に育てる」

3.モチベーションのアップで定着率を向上

1人ひとりの社員が持つ夢や目標が、この会社で努力すれば実現する。社員がそのように感じれば、モチベーションが上がり、定着率も上がっていきます。
起業ABC「社員のモチベーションアップ策」

4.企業事例

人材が定着する企業の秘密や、その企業ならではのユニークな教育プログラムなどの事例を紹介します。
精密金属加工を得意とするダイヤ精機のユニークな教育プログラムとは。
元気印中小企業「高精度加工の原点はヒトにあり [ダイヤ精機]」
闘いつづける経営者たち「目指すのは真の世界一企業-ダイキン工業/04.一流の戦略より一流の実行力」
(社員の定着率が平均より10%も高い企業の人の活かし方を紹介します)

関連する支援施策・支援情報のご紹介