1.36(サブロク)協定は実施していますか?

従業員に残業してもらうためには、労働基準法に則った労使協定を所轄署に提出する必要があります。中小企業の場合、実際には提出していないところも多く存在します。残業代のトラブルを未然に防止するためにも、法に定める協定を知り、適切に実施することがなにより重要です。
起業ABC「労務管理のポイント:時間外・休日労働」

2.名ばかり管理職という違法行為をしないために

年々、残業代をめぐる労使トラブルは増加しています。それを避けるために残業代を支払わなくてもいい「管理監督者」を設けるケースがありますが、その中には世間を騒がせた「名ばかり管理職」という違法行為も目立ちます。同じ問題を起こさないためにも、法令で定める管理監督者の定義と留意点を把握しておきましょう。
起業ABC「労務管理のポイント:管理監督者」

3.退職者から多い未払い請求への対処方法

残業代をめぐる不服申し立ての多くは退職者から出てきます。適法な範囲で行われた残業であっても、労使双方の解釈の違いや認識不足を発端にトラブルは起き得ます。退職者から未払い残業代を請求された場合の基本的な対処方法を紹介します。
ビジネスQ&A「退職者から未払いの残業代を請求された場合、どのように対処すればいいのですか?」

4.残業代トラブル回避の根本的な解決は残業を減らすこと

残業代をめぐるトラブルを回避するための基本は、残業自体を減少、もしくは無くすことです。業務の効率化や残業レスに向けた労使一体の取組みのポイントを紹介します。
ビジネスQ&A「長時間労働を改善するための取り組みを教えてください」

関連する支援施策・支援情報のご紹介