1.不正会計をさせない

どんな不正が起きやすいのか、不正を見抜く要点はなにか。社内で不正会計が起きないようにするための要点を紹介します。
こんなときどうする中小企業の税金と会計「不正会計の基礎知識と予防のポイント」

2.正しい中小企業の会計を知る

経営力を向上させるためにも会計の知識は重要です。
こんなときどうする中小企業の税金と会計-会社を強くする実務編

関係団体および行政機関による編纂された、中小企業が計算関係書類を作成するうえで拠るべき指針を紹介します。
中小企業の会計34問34答 平成23年指針改正対応版(中小企業庁)
改定「中小企業の会計に関する指針」の公表について(日本公認会計士協会)

3.不正に関与したその先は...

会社に損害を与える、会社の財産を危うくするなどの行為に対して取締役には刑事罰が課されます。「部下がやったことです」「私は知りませんでした」は通用しません。
取締役に課される特別背任罪は処罰の内容も厳しいものです。
法律コラム「取締役と刑事罰(1)」

不正会計による脱税で毎年約200件が査察されています。
平成26年度査察の概要(国税庁)

関連する支援施策・支援情報のご紹介