1.政府も主導する外国人観光客の誘致

いま、日本は国をあげて外国人観光の振興を図っています。その方向性や施策を知り、地域の活況に活かすことも有効です。
これからの訪日外国人旅行者ビジネス「2020年・2000万人の来日旅行者を想定した国の施策とビジネスの可能性」

2.言葉の問題にはあまり悩まないこと

地方に外国人観光客を迎える場合、言葉が話せるかどうかが心配だと思いますが、あまりとらわれないことです。なによりも、歓迎する「心」と「笑顔」が大切です。
ビジネスQ&A「外国語に自信がなくても、外国人客に対応するにはどうすればいいでしょうか?」

3.地域の独自性を活かすことが大切

その地域ならではの特色を活かすことが外国人観光客の誘致にも重要です。そこでなければ体験できないことをアピールすることが地域活性にもつながります。
ビジネスQ&A「酒蔵見学などの観光施設が外国人観光客を誘致する方法を教えてください」

ビジネスQ&A「工場を活用し、『産業観光』を行うための方法を教えてください」

4.地域の自然や人とふれあうサービスで成功した事例

奥飛騨の山間部で交通の便が良くないにも関わらず、年間1,500人の外国人観光客が訪れる観光サービス店があります。地域の自然と文化・風習を活かし、外国人観光客を呼び込むことにより地域の活性化に貢献しています。
これからの訪日外国人旅行者ビジネス「自転車で飛騨の里山と村を巡るツアーで英語旅行サイトで高評価【美ら地球(ちゅらぼし)】」

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 増加する外国人観光客を受入れていくために、国や都道府県などの公的機関では、インバウンドに役立つ様々な施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <情報提供>
    ■飲食店でのトラブルを回避するために活用できる、サービスや料理についての英語での例文や、飲食施設関係フレーズ集などを掲載。印刷してすぐ使えます!

  • <情報提供>
    ■インバウンド促進のために、インバウンド研修や事例などを掲載した「外国人旅行者受け入れノウハウホームページ」です。

  • <情報提供>
    ■「館内サイン&POPマニュアル」や、業種別の接遇場面等の動画などを掲載。外国のお客様の満足につながるヒントが見つかります!

  • <情報提供>
    ■各地域で開催されるインバウンド関係のセミナー情報を掲載。

  • <相談窓口>
    ■経営に関することなら、なんでも気軽に相談できる公的な相談窓口。