1.地元資源にこだわった自社製品をブランド化する方法

地域の特産品を使用した製品をブランド化する場合、どんな手順で進めればいいのか。どんな点を注意すればいいのでしょうか。
ビジネスQ&A「地元の材料を活用したメーカーです。有名メーカーになってブランドを築くことが夢ですが、そのためには何をすればよいのですか?」

2.地域ブランド化として認定される

地域ブランド(=地名入り商標:例えば、喜多方ラーメン、練馬大根など地名と商品名を組み合わせた物)とするためには団体の認定を得ることが大切です。その認定の取得方法や地域ブランドづくりを後押しする公的支援を紹介します。
ビジネスQ&A「地域ブランド化について教えてください」

3.公的支援を活用して地域ブランドを開発

沖縄のサンゴを原料とした糸で衣料品を開発し、ブランド構築のために公的支援を活用し、商品化に成功した事例です。
施策活用企業事例「『珊瑚ファイバー繊維』を活用したフォーマルウエア・カジュアルウエアのブランド化【マドンナ】」

今治タオルと道後温泉をマッチングさせ、観光業を活性化するため、公的支援を活用した成功事例です。
施策活用企業事例「湯けむり道後と今治しまなみを体感するタオル製品の開発・販売および観光事業【エイトワン】」

4.さまざまな地域ブランド化の取組み事例

全国で取り組まれる地域ブランド化確立の事例をご覧いただけます。
Rin crossing(地域資源を活かした商品の販路開拓を中小機構が支援)

関連する支援施策・支援情報のご紹介