1.変わるシニア市場

団塊の世代が65歳以上になり、シニア市場に加わると、マーケットの消費動向が大きく変わりました。従来のような価値観の商品・サービスではその心をつかみ、お財布のひもを緩めてもらうのは難しいでしょう。現状のシニア市場の需要に合致したコンセプトづくりが重要です。
ビジネスQ&A「シニアビジネスを成功させるための留意点を教えてください」

2.子や孫も取り込んだ多角的ビジネス

現状のシニア市場の1つの動向として、シニア自身だけでなく、その子や孫も取り込んだ商品・サービスの開発が有効になっています。
<親を気遣い消費する子どもを巻き込んだビジネスとしてアプローチ>
起業ABC「シニアビジネスの新潮流『親孝行市場』が浮上」
<孫と一緒に遊べるという視点からシニア層にアプローチするゲームセンター>
起業ABC「ゲームセンターにおける新しい風景」

3.本人安心・子も安心のビジネスで公的支援を活用

独り暮らしのシニアの安否は、離れて暮らす子どもにとって心配のたねです。その見守り装置の市場調査・分析で公的機関の支援を活用した企業があります。
施策活用企業事例「電気使用量の変化で独居高齢者を見守るシステム「ネットミル」の販路開拓【志幸技研工業】」

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 高齢化率26%となり、4人に1人以上がシニアです。シニアの心をグッとつかんでビジネスを飛躍させましょう。国や都道府県などの公的機関では、創業や新事業展開に役立つ様々な施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <セミナー>
    ■新たに創業する方、第二創業や女性企業家の方向けに、基本的な知識の習得からビジネスプラン策定までを支援する「創業スクール」を全国約270箇所で開講しています。

  • <資金情報>
    ■使える資金・助成金を目的、方法、都道府県別に簡単検索!

  • <セミナー>
    ■新事業展開に関するイベント・セミナー情報を毎日更新。

  • <相談窓口>
    ■経営に関することなら、なんでも気軽に相談できる公的な相談窓口。

  • <情報提供>
    ■J-Net21で更新されたお役立ち情報をお届けします。