1.新規に銀行と取引する

起業や新規事業をきっかけに新たに銀行へ融資を申し込みます。その際に留意すべきはどんなことでしょうか。また、メインバンクはどのような基準で決めればいいのでしょうか。
起業ABC「金融機関とつき合う」

2.融資を受けやすくするための留意点

銀行の融資には1年以下の短期とそれを超える長期のものがあります。短期より長期の融資のほうが審査は厳しいのですが、銀行は融資をする際の審査でどのような点を重視しているのでしょうか。
中小企業の税金と会計「強い会社になるための銀行対応の基礎知識」

3.メインバンクをつくって上手に付き合う

新規、継続に関わらず、銀行との取引に際してメインバンクとの付き合いは大切です。いざという時に融資を受けやすくするためにも、こんなところに気を付けながら取引を円滑にしましょう。
ビジネスQ&A「メインバンクとの関係づくりのポイントについて教えてください」

4.金融情報に敏感になれば、融資条件も有利になる

融資を受ける際の金利も財務内容だけで決まるとは限りません。経営者が借入金利についてどれだけ知識を持っているかも大切なポイントです。また、低い金利で資金調達できる方途も知っておきましょう。
ビジネスQ&A「より低い金利で資金調達をしたいのですが、よい方策はありませんか?」

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 中小企業経営にとって、銀行融資は必要不可欠です。国や都道府県などの公的機関では、資金調達に役立つ様々な施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <参考資料>
    ■金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕には、中小企業が金融機関から高く評価されるためのヒントがあります。

  • <参考資料>
    ■中小企業庁は様々な形で金融面の支援を行っています。

  • <情報提供>
    ■公的機関の資金制度や募集中の資金情報を、資金調達の目的、方法、都道府県別に検索できます。

  • <相談窓口>
    ■金融円滑化に関する様々なご質問・ご相談にお答えする各財務局・財務事務所に設置された相談窓口。

  • <相談窓口>
    ■経営に関することなら、なんでも気軽に相談できる公的な相談窓口。