1.右肩上がりの成長市場

家事代行サービスの市場は、総務省「家計調査」からも持続的に伸びていることがわかります。国の成長戦略でもある「女性の活躍」を推進するうえでも、働く女性をサポートするサービスとして市場規模が広がっていきそうです。
起業ABC「数字が語るこの市場の深層【家事代行サービス市場】」

2.ビジネスを始める手順とは?

資格や許認可を得る必要はないため、少ない資本でも事業を始められます。自分で開業するか、もしくは大手フランチャイズの傘下としても開業できます。労働集約型の事業で、営業費の6割を人件費が占めることから、有能な人材をいかに集めるかが事業の成否を決めます。
業種別スタートアップガイド「開業ガイド-家事代行業」

3.公的支援を活用して起業した好事例

家事代行サービスで起業する際、融資と事業計画の策定について公的支援を活用し、スムーズにビジネスを立ち上げた事例があります。
施策活用企業事例「もうひとりの私が家事を代行します!-現代ママ、育児世帯、現代女性のベストパートナー【ママコズ】」

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 成長市場であなたも起業してみませんか。国や都道府県などの公的機関では、家事代行サービスに役立つ様々な施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <ガイドライン>
    ■品質確保に向けた家事支援サービス事業者の取組指針となるガイドライン

  • <融資制度>
    ■これから創業する方や税務申告を2期終えていない方が、事業計画(ビジネスプラン)等の審査を通じ、無担保、無保証人で融資を受けることができます。

  • <融資制度>
    ■女性、若者、高齢者のうち新規開業して概ね7年以内の方を優遇金利で支援する融資制度

  • <セミナー>
    ■創業に関するイベント・セミナー情報を毎日更新。

  • <相談窓口>
    ■経営に関することなら、なんでも気軽に相談できる公的な相談窓口。