1.重要度が増すメンタルヘルスケア対策

メンタルヘルスの不調が、本人だけでなく家族や企業、そして社会に与える影響はますます大きくなっています。職場におけるメンタルヘルス対策は、労働者の健康の確保とともに、事業者の社会的責任でもあり重要な課題となります。
人材活用の決め手「メンタルヘルス対策講座」

2.予防のためのストレスチェック

メンタルヘルスが悪化する大きな原因にストレスがあります。平成27年12月から企業に対して「ストレスチェック」の導入が義務化されます。ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた労働者から申出があった場合、医師に依頼して面接指導を実施することになります。一般的にストレスチェックにはどのような項目があるのでしょう。
人材活用の決め手「ストレス診断-簡易バージョン」

3.ストレスチェックの実施で要となる産業医

ストレスチェックの実施では、事業所の状況を理解している産業医に依頼することが望ましいといえます。産業医に関する基礎知識と、産業医との上手な付き合い方について紹介します。
起業ABC「こんなときどうする?安全衛生管理:産業医」

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 自分の会社は何をすればいいか、知りたい中小企業経営者のみなさまへ。国や都道府県などの公的機関では、メンタルヘルスに役立つ様々な施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <情報提供>
    ■ストレスチェック制度導入の方法、いつまでに何をすればよいかなど、わかりやすくまとめています。

  • <情報提供>
    ■厚生労働省が開設している、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト。マニュアル等各種資料、Q&A、e-ラーニングなども掲載しています。

  • <セミナー>
    ■ストレスチェック制度に関するイベント・セミナー情報を毎日更新。

  • <相談窓口>
    ■ストレスチェック制度にお悩みの実施者、事業者、制度担当者の方々のための相談窓口です。

  • <情報提供>
    ■J-Net21で更新されたお役立ち情報をお届けします。