1.そもそも「マイナンバー制度」ってなに?

全ての個人が自分に固有の「マイナンバー」を付与されます。企業は従業員だけでなく、その家族のマイナンバーも把握しなくてはいけません。制度の概要とその制度により影響を受ける業務について説明します。
new!ビジネスQ&A「マイナンバー制度の開始に向けてどのような準備が必要か教えてください」

中小企業ニュース「『マイナンバー制度』の基本(上)-制度の概要と企業の義務」

2.マイナンバーの管理とルール

企業は、社員に給与を支払ったり、社会保険の手続きをしたりする際、また顧客と取引を行う際、書類に固有のマイナンバーを記載する必要があります。その際の各番号は個人情報と同様に漏えいなどが起きないよう、管理する必要があります。安全な管理のためのルールづくりとその留意点について説明します。
new!ビジネスQ&A「従業員のマイナンバーをどのように管理すればよいのでしょうか」

3.マイナンバーの取扱いと罰則

マイナンバーは個人情報と同様に漏えいなどが起きないよう、管理する必要があります。万が一情報が漏えいした場合には厳しい処罰(罰金や懲役など)が課されます。また、情報管理で中小企業には特例措置も設けられています。
new!ビジネスQ&A「マイナンバー制度の開始に伴い罰則を受けないために注意することを教えてください」

中小企業ニュース「『マイナンバー制度』の基本(下)-中小企業でも課せられる義務と課題」

4.個人情報保護についての知識もさらに重要になる

業務で扱うマイナンバーは個人情報とも密接に関連しますから、当然、企業にはその保護が厳しく求められます。よって、改めて個人情報保護について理解しておくことも重要です。
法律コラム「個人情報の基礎知識」

関連する支援施策・支援情報のご紹介