1.会社全体で目標と実施策を作成するための3ポイント

節電対策を実施するための基本は、自社の電力消費状況を把握し、それに対する節電の目標と実施策を明確に作成することです。そのために3つのポイントがありますので紹介します。
Q739.節電対策はどのようにすればよいでしょうか。

2.社員の意識啓発が重要

自社の節電対策案を作成したら、それに沿って設備・機器を揃えたり、マニュアルを作成したりします。こうしてハード面の対策を整えたら、ソフト面の対策も万全にします。それはすべての社員に実行する意識を持たせることです。
Q991.省エネの取組みを効果的に進めていくにはどうすればよいですか。-ビジネスQ&A

3.勤務体系の変化も有効

社員の意識づけと共に勤務体系についても工夫してみてはどうでしょう。日本ではなじみが薄いですが、欧米では常識のサマータイムの導入も一考に値します。その導入ポイントを紹介します。
サマータイム制度の導入-起業ABC

関連する支援施策・支援情報のご紹介

  • 国や都道府県などの公的機関では、節電・省エネに関してさまざまな施策を展開しています。ぜひご活用ください。

    <セミナー>
    ■各地で開催予定の環境・省エネ・ISOに関するセミナー

  • <参考情報>
    ■無料省エネ診断及び節電診断、省エネ診断事例の紹介、省エネ相談もできるポータルサイト。

  • <参考情報>
    ■事業者向け省エネポータルサイト。省エネ政策や各種支援制度、省エネ法の概要等。

  • <参考情報>
    ■環境・エネルギー対策資金(非化石エネルギー関連)融資の紹介。

  • <相談窓口>
    ■専門員が省エネ法や省エネ対策に関する無料相談窓口