ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
前のページに戻る「支援情報ヘッドライン」の使い方「支援情報ヘッドライン」とは?補助金・助成金、公的融資、展示会・商談会、無料セミナー…。国や都道府県などによる中小企業向けの支援施策はたくさんあります。
「支援情報ヘッドライン」は、これらの支援施策を集めた検索システムです。
  • ・支援施策があるのは知っているけど、どこで調べてよいかわからない。
  • ・よく使っている検索サイトで支援施策を調べても、適したものが見つからない。
  • ・支援施策を調べるために、たくさんのホームページをチェックするのは時間と手間がかかる。
公的融資  展示会 商談会  補助金 助成金  無料セミナーそんなお悩みを解決するために、中小企業の経営者に代わって、J-Net21スタッフが全国の中小企業支援機関のホームページを毎日巡回。最新の支援施策情報を収集して、効率的に見つけることを可能にしました。「支援情報ヘッドライン」の使い方1. 調べたいカテゴリーを選ぶ「セミナー・イベント」、「助成制度・公募」、「調査・報告書・お知らせ」のうち、調べたいカテゴリーを選んでクリックします。
「すべてのカテゴリーからフリーワードで検索する」の欄で、調べたいキーワードを入力して検索することもできます。
カテゴリーを選んでクリック キーワードを入力して検索各カテゴリーの検索条件で、調べたい条件を指定して検索します。例えばセミナーイベントでは、
  1. ➀セミナーやイベントが実施される開催地を「地域を選択」から選びます。
    地図からも選ぶことが出来ます。
  2. ➁希望する分野を「分野を選択」から選びます。
  3. ➂検索するをクリックします。
(※1 「過去の記事を対象にする」とは)「助成制度・公募」、「調査・報告書・お知らせ」も、同じように条件を選択して検索します。➀地域を選択 ➁分野を選択 ➂検索するをクリック3. 興味をあるものを選ぶ検索結果一覧を確認して興味のあるものを選び、タイトルをクリックします。(※2 「この情報を保存する」とは)タイトルを選んでクリック4. 概要を確認表示された支援施策の概要を読み、詳しく知りたいときは、さらに各記事のタイトルをクリックします。その支援施策を実施している機関のホームページとリンクしているので、リンク先で詳細を確認します。※1 「過去の記事を対象にする」とは募集期限や開催日のあるものは、期間終了後から1年間、アーカイブに過去記事として保存されています。
期限や開催日などがないもの(例えば、調査報告書発刊のお知らせ、など)は、約3ヶ月経過後から1年間、アーカイブに過去記事として保存されています。
検索の際、「過去の記事を対象にする」をチェックすると、このアーカイブの記事も検索対象となります。
※2 「この情報を保存する」とは気になる支援施策を一時的に保存しておく機能です。最大50個まで保存することができ、画面右下の「My保存」をクリックすると、今まで保存したものを確認することが出来ます。
なお、保存した支援施策の掲載期限が終了すると、自動的に「My保存」から情報が消去されます。
クリックご利用上の注意
  1. 1.支援情報ヘッドラインに登録されている施策情報は、国や都道府県等のホームページやパンフレットから中小機構が収集し、掲載したものです。情報によっては既に募集を閉めきっている場合がありますので、予めご了承ください。また、施策のご利用に当たりましては、各施策の担当部署までお問い合わせください。
  2. 2.支援情報ヘッドラインでは、クッキー(Cookie)、JavaScriptという技術を使っています。通常は有効な設定になっていますが、この設定が無効になっている場合、いくつかの機能がご利用いただけない事があります。この場合、クッキー(Cookie)、JavaScriptを有効にする設定にしてください。
    設定方法の詳細につきましては、ご利用のブラウザの製造元にお問い合わせください。