支援情報ヘッドライン

国や都道府県等の中小企業向けの支援施策情報を検索できます

調査・報告書・お知らせ

緑内障手術練習用の眼球モデルを開発

ヒトの強膜の感触を忠実に再現

  • 分野:研究・技術・産学連携
  • 地域:全国 
  • 実施機関:科学技術振興機構

実施機関からのお知らせ

名古屋大学、東京大学大学院、三井化学の共同研究グループは、人間そっくりな眼科手術シミュレーターに搭載可能な緑内障手術練習用眼球モデルを開発しました。これにより、従来は行うことのできなかった手技訓練が可能になりました。研究成果は「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」、「第42回日本眼科手術学会学術総会」で展示公開します。

掲載日:2019.01.11

「施策ザクザク 支援情報ヘッドライン」は、国や都道府県等の中小企業向け支援施策を集めた検索システムです。
中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」のコンテンツとして、中小企業基盤整備機構が運営しています。

公的な機関あるいはそれに
類する機関の方へ

掲載情報募集中!

関連リンク

ミラサポの施策マップも併せてご活用ください