支援情報ヘッドライン

国や都道府県等の中小企業向けの支援施策情報を検索できます

調査・報告書・お知らせ

数十秒で出力でき、再利用も可能な3次元物体造形装置を開発

試作やデザインの高速化、および3次元実体ディスプレイへの応用に期待

  • 分野:研究・技術・産学連携
  • 地域:全国 
  • 実施機関:科学技術振興機構

実施機関からのお知らせ

東京大学の研究グループは、磁石が埋め込まれた9ミリメートルサイズのブロックを組み立てることで任意の3次元形状を素早く造形することができる3次元物体造形装置「Dynablock(ダイナブロック)」を開発しました。研究の詳細は、ドイツ・ベルリンで開催される「ACM Symposium on User Interfaces Software and Technology(UIST) 2018」にて発表されます。

掲載日:2018.10.12

「施策ザクザク 支援情報ヘッドライン」は、国や都道府県等の中小企業向け支援施策を集めた検索システムです。
中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」のコンテンツとして、中小企業基盤整備機構が運営しています。

公的な機関あるいはそれに
類する機関の方へ

掲載情報募集中!

関連リンク

ミラサポの施策マップも併せてご活用ください