ロゴ文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
My保存HOME > 支援情報・機関を知る > 支援情報ヘッドライン > 調査・報告書・お知らせ
調査・報告書・お知らせ調査・報告書・お知らせ 情報
印刷用画面前のページに戻る

 

■分野:研究・技術・産学連携 ネットワーク・IT

 

■地域:全国 

 

■実施機関:情報通信研究機構(NICT)

 

中央省庁の災害対策本部設置準備訓練でNICTが開発した地域分散ネットワークNerveNetと災害状況要約システムD-SUMMが活用されました

 

(実施機関からのお知らせ)

 

10月4日、政府は、東京都立川市の立川広域防災基地周辺で、首都直下型地震発生を想定した中央省庁の災害対策本部の設置準備訓練を初めて行いました。訓練では、公衆網の途絶を想定し、各省庁の災害対策本部等の間で非常時の通信を行うため、NICTがこれまでに開発してきた、公衆網に依存せずに自律した通信網を提供できる地域分散ネットワークNerveNet(ナーブネット)と、SNS等からの情報収集、分析、要約の手段として災害状況要約システムD-SUMM(ディーサム)の説明と利用訓練が行われました。

 

掲載日2017/10/12

 

 

詳細を見る  この情報を保存する

 

「施策ザクザク 支援情報ヘッドライン」は、国や都道府県等の中小企業向け支援施策を集めた検索システムです。

中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」のコンテンツとして、中小企業基盤整備機構が運営しています。